好きな事を仕事にすると失敗する!失敗しない仕事選びの方法

就活や仕事を選ぶ際にぜひお伝えしたい事を思うままに書き出したところ、たいそうな記事のタイトルになってしまいました。

この記事では、好きな事を仕事にすると失敗する理由と、失敗しない仕事選びの方法をご紹介します。

人気業界なのに離職率がとても高い美容師

美容師の離職率が非常に高いことをご存知ですか?

仕事選びを考えるうえで、とても良いサンプルなのでご紹介しましょう。

高離職率?憧れの職種の実態

華麗なハサミさばき、お客さんを可愛く・カッコ良くして喜ばれる、服装や髪型がオシャレ、そんな印象から憧れの職業として人気の美容師業界。一見やりがいがありそうで、「好きな事」が実現できそうな仕事です。

しかしその実態は、

  • 一日中立ちっぱなしの肉体労働
  • 連日深夜までカット練習
  • 休日返上当たり前
  • 薄給で昇給も遅い

と中々ハードな業務なのです。

もちろん、お店によって実態は違いますし、どんな仕事にもよくない点はありますが、高離職率ということは、相対的に劣悪な労働環境であることを表しています

離職率が高い原因

離職率とは、就職してから一定期間に辞める人の割合を示す指標です。

高離職率の本質とは、「こんなはずではなかった」という就職前後のギャップがが大きい事です。単に仕事が辛いということではなく、メリットよりもデメリットの方が大きいときに離職率は高まるのです。

言い換えれば、就職前の見込みが甘かったということでしょうか。

最優先しているものを間違った

『美容師として働いてみて、お客さんには感謝されるしやりがいを感じている。でも、生活するのにギリギリの給料しかもらえない。ボロボロのアパートにしか住めず、趣味の旅行もできない。そもそも趣味に費やす時間・休みがない。福利厚生も充実していないから、彼女と結婚もできるかわからない。子どもは大学までいかせてやれるだろうか。憧れだった家だって買えなさそうだ…』

というように、心の底では給料や余暇を重視しているのに、漠然とした憧れや”なんとなく好きな仕事”という基準で就職先を決めてしまう人が本当に多いです(美容師に限りません)。

ただ、美容師という職業は特別です。

つまり、まだ将来についてきちんと考えられない年齢(中学生とか高校生)の若者の多くが美容室に通うので、現実的な本音よりも憧れや建前を優先して進路を決めてしまっても無理はないのかもしれませんね。

悪い点を調べなかった

これは企業研究や業界研究ができていなかったということです。

  • 中腰で作業をするので腰が痛くなる
  • シャンプーが多いので手が荒れる
  • コミュ力が必要だし常に話題を仕入れなくてはならない

など、自分にとってネガティブな要素というのはたくさんあるはずで、就職前にその点をきちんと考えなかったということです。

おさらいすると、美容師が高離職率なのは「自分が何を最優先するかを見誤り」、「下調べをきちんとしなかった」ことが原因です。

あなたが一番大事なことはなに?

美容師の事例は、就活において極めて重要な示唆を与えてくれます。

つまり、あなた自身が何を最優先するか?ということです。

断言しますが、これを見誤るとほぼ地獄行きで、仕事を辞めたり転職する可能性がぐっと高まります。

「やりがい」や「好きな事」に惑わされない

世間の就活生を見て思ったのが、ほとんどの就活生が仕事選びの基準として「やりがいがあるか」とか「好きな仕事かどうか」を挙げています。もはやテンプレと言って良いです。

これってそんなに大事でしょうか?

もちろん、他の条件が全く同じならやりがいがある方が良いし、好きな事を仕事にできる方が良いですよ?でも管理人は「給料や休日」と「やりがいや好きな事かどうか」のどちらかを選ぶなら間違いなく「給料や休日」です。

そもそも、「好きなこと」は仕事じゃないから好きであることは往々にしてあります

音楽が好きだからバンドでデビューしても、所属するレコード会社の方針でやりたい音楽ができないなんてことはごまんとあります。というかそれが仕事です。

やりがいや好きな事のためなら自分を犠牲にできる、あるいは、好きなことであってもかなりの部分を犠牲にできる強い人だけが、好きな方を仕事にする権利を持っているのだと思います。管理人は自分が強い人間ではないと気づいたので、給料や休日を取ったわけです。

そもそも、仕事とは基本的に辛いもので、やりがいはそれに向き合う中で見つけるものだと思います。そうした中で徐々に好きになっていくのでしょう。どんな仕事だってそうだと思います。

必ず本音で自分に向き合う

自分の本音に嘘をつくと、必ず後悔します。絶対に本音で自分に向き合ってください。

以下は仕事選びの際に考慮すべき本の一例ですが、あなたは何を重要視しますか?

  • 給料や福利厚生の充実度
  • 職種・業種
  • 仕事の大きさ
  • ストレスの少なさ
  • 休みやすさや残業時間の少なさ
  • 世間体(合コンでのネームバリュー等)
  • 企業規模、知名度
  • 安定性(リストラなどにあう危険度)
  • 転勤の有無
  • 社員と自分の相性
  • 定年まで働けるか
  • 職場の人間関係
  • 勤務地
  • 興味が持てる仕事かどうか(好きかどうかではない)
  • やりがいがあるかどうか
  • キャリアアップできるか
  • 人の役に立てるか
  • 仕事が楽かどうか
  • 社会貢献度   などなど

仕事選びには非常に多くの検討すべき点がありますが、全て完璧な企業なんて存在しません。自分が一番優先することを本音で選ぶ必要があるのです

※選んだら、それが実現できる会社かどうかは必ず確認してくださいね。

企業研究は大事な点を抑えればOK!絶対に調べたい3つのポイントを解説します。
激務で薄給よりは、まったり高給の方が良いですよね!この記事ではそんなまったり高給企業を自分で探す方法をご紹介します。実際に管理人が内定をゲットした方法ですので、ぜひ参考にしてくださいね。

うしろめたさは感じなくて良い

「給料」とか「楽さ」で仕事選びをするというと、なんだか後ろめたい気持ちになります。

汗水流して朝から夜遅くまで残業するのが正義だと思っている人は実際にいますので、彼らに嫌みを言われるかもしれません。

しかし、実際に働くのは他の誰でもないあなたです。

将来嫁や子どもができたら、楽をさせてやりたい、鬱病や体を壊して家族に迷惑をかけたくないというのだって立派な根拠です。独身でも自分の生活を維持して生きて行く必要があるのです。もしうしろめたさを感じたら、無視しないといけません。

ツケを払うのは働き始めた後の自分

就活をしている段階では、実際に働き始めるのはまだかなり先の話なので、”自分事化”できていない場合があります

働いていない間はまだ仕事の辛さも知りませんから、キレイゴトを言えますが、就職したらそうはいきません。

朝から晩まで働き詰めで、昼休憩も満足に取れず、残業代もない、同僚がどんどん辞めて行く、そんな企業なんて管理人が知っているだけでザラにあります(就職した友人もいます)。そんな環境で働きながら「人の役に立ちたい」とか言えますか?

イヤな所は有っても良い

全てが完璧な会社は存在しません。

あなたが重視する点を満たしているのなら、優先度の低い点は妥協する事も必要です。

あなたにとってその会社の

良い所 > 悪い所

なら、悪い所を我慢できるでしょう。

これって当たり前に聞こえるのですが、就活のときにできていない方がとても多いです(だから離職率が高い)。

得意な事を仕事にする方法もある

仕事は肉体的にも精神的にも負荷がかかるものです。

その負荷をどうやってカバーしていくかが、安定して働いていけるかにつながります。

先に挙げた、なにを優先するのかも重要ですが、あなたが得意なことを仕事にする方法もアリです。すでに得意な分野であれば、働き始めてからの負荷が小さくなるからです。あるいは、大きな成果につながる可能性だってあります。コミュニケーションに長けた人なら成果主義の営業職に就けば、大きな報酬を得ることができるかもしれません。

もしあなたに得意なことがあればそれを基準にしてみるのもいいでしょう。

以上が仕事選びに関して、好きなことを基準にしない方がいい理由です。

おさらいすると、仕事選びは「好きな事」ではなく「自分が本音で優先する事」、「得意な事」を基準にするといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする