就職留年で成功しろ!就留のやり方について詳しく解説

どうしても就活が上手くいかなかった場合には、就職留年する方法があります。

この記事では、一発大逆転が可能な就職留年やそのやり方について、管理人の体験談を踏まえて解説します。

就職留年とは

就職留年とは、既卒ではなく新卒枠で就活を続けるために、意図的に留年することです。

就活で納得できる企業から内定をもらえず、無い内定のまま卒業すると既卒扱いになりますが、新卒枠で失敗したなら既卒枠での成功確率は非常に低いと思っておくべきです。それほど既卒の就活は難易度が高いです。

第二新卒制度が最近話題になりましたが、残念ながら(仮に理由があっても)前社をすぐに退職した人材を積極的に採用したい、あるいは採用後に評価したい企業は稀でしょう。

したがって、今の制度上は新卒採用のフィールドで戦うのが一番賢いということになり、一定の割合で就留する学生がいるのもうなずけます。

就職留年と就職浪人の違い

就職留年(就留)と就職浪人(就浪)の違いは、大学に在学したまま就活するのか、大学を卒業して就活するのかです。

つまり就職浪人は既卒枠で就活を継続することですね。

就職留年のメリットとデメリット

就職留年の検討にあたっては、必ずメリデメを確認しておきましょう。

メリット

 

成功すれば人生一発大逆転

繰り返しになりますが、就活は、既卒よりも新卒がはるかに有利です。

門戸を開いてくれる企業の数も質も、はっきりいって比較になりません。

このまま既卒で就活するのなら、運よく内定を取れたとしても名のある企業や高待遇は望めません。それどころか、新卒就活時よりも孤独な戦いとなるのでメンタルの維持すらままならないかもしれません。まあ、少なくとも在学時よりは状況は悪化するということです

一方で就留し、新卒でもう一年就活するのなら、すでに門戸を閉じられた企業たちに再アタックすることができるのです。就職先が全てだとは思いませんが、成功すればこの先の人生が大逆転すると言っていいレベルで変わります。

現役生よりも経験豊富な状態で始められる

1年目の就活は成功しませんでしたが、あなたなりに苦労して頑張ってきた経験があるはず。

就活に対する知識だったり、ESの書き方や面接の経験、それらを知っているがゆえの危機感、それらをすでに持っている状態で就活を始められるのは、現役生に対して大きなアドバンテージになります。

怠けなければ、現役生を凌駕することは十分に可能です。

不利な扱いはさほど受けない

これは管理人の経験によるところですが、就職留年をしている事を理由に不利な扱いを受けた認識は全くありません(一部の人間に嫌な事を言われましたが、採用には無関係です)。

エントリーシートや適性検査などで門前払いされたりすることはなく(現役生の頃は幾つかありました)、それどころか就職留年の理由を聞かれた事自体数回だったのには拍子抜けでした。

もちろん、「就職留年している学生は採用しない」という方針の企業もあるかもしれませんが、少なくとも管理人にはその存在を確認できませんでした。

ちなみに、現役生のときに不合格となった大手企業の選考も順調に進んだので、就留の理由をしっかり説明できれば内定も出たものと思われます(第一志望の内定が先に出たので辞退した)。

余裕を持って準備できる

余裕をもって準備できるというのも就留のメリットでしょう。

いつ就職留年を決めるかにもよりますが、19卒のスケジュールなら3月にエントリー開始ですので、それまでにいろんなことを準備して、体勢を立て直すことができます。就留の準備については後ほど解説します。

デメリット

企業によっては不利な扱いを受ける可能性がある

すでに書いた通り、管理人は就留を理由に不利な扱いを受けたことはありませんでしたが、企業によっては面接までたどりつけなかったり、再受験を断られる可能性もあります

その程度のリスクは「就留よりも既卒の方が良い」理由にはなりませんが、もし「特定の企業の再受験」が目的ならば、その企業が再受験可能かどうかを調査しておきましょう。同じような社員が過去にいるかどうかや、直接採用担当に聞いてみる(本当のところは答えてくれないかもしれませんが…)というのもアリです。

コストは発生する

メリットが多い就職留年にも、コストは発生します。

就留でまともな会社に就職できれば余裕でペイできますが、認識はしておきましょう。

就職1年目ではなく退職直前の年収

就職を1年遅らせると働く期間が1年短くなりますが、その1年に対する給料は、入社1年目のそれではなく、退職直前の昇給しきった状態の金額です。
したがって、基本的には早く就職した方が生涯賃金は高くなります。もちろん、現役時にもらった内定先がブラック企業だったり、著しく年収が低い場合や、既卒で就活するくらいならこの程度のリスクは引き受けるべきだと思いますが。

学費

基本的には、以下の例外を除いて留年をするにはその期間の学費全額を納入する必要があります。

例外その1:卒業延期制度

大学によっては卒業延期制度というものがあります。

学費全額を支払うのではなく、不測単位数などに応じて所定の授業料を納めるという制度で、無い内定への救済措置としての側面があるようです。

この制度、大学によってあったりなかったり、中身も異なるため学務課に相談してみてください。

例外その2:留年ではなく休学する

管理人の大学は休学するとその期間の授業料は免除になったので、困窮していた管理人は迷わず休学しました。

同じような境遇の方には留年ではなく休学をお勧めしますが、ひとつだけ注意点があります。

それが、休学中は卒業証明書を発行できない点

卒業証明書とは大学側が「この学生は問題なく卒業する見込みであることを証明する」もので、通常、最終面接を突破した段階で企業から卒業証明書の提出を求められます。

したがって、企業から内々定をもらうタイミングが休学期間と被っている場合は、この卒業証明書の提出を待ってもらう必要があるのです。管理人は考えた結果、実質的な最終面接の合格をもらった後、採用担当者に相談しましたが、「絶対に予定通り卒業する」という熱意を合わせて伝えることで承諾をもらうことができました。

就職留年の方法や留年中の過ごし方

実際に就職留年をする方法や留年中の過ごし方について解説します。

準備編

上記のメリデメを勘案して就留を決断したら、早速準備を始めましょう。

親を説得する

多くの学生は両親を説得する必要があると思いますが、厳格な親も多いはず。

説得に当たっては、説得材料を集め、理論武装をしておきます。

基本的には、すでに述べた以下が材料になるでしょう。

  • 日本は新卒至上主義で新卒での就活が比較にならないほど有利→逆に既卒は非常に厳しく就職できる可能性も企業の質も大きく下がる
  • 既卒で就職可能な企業は離職率も高く待遇も悪い→結果的に迷惑をかける可能性がある

現役でいい企業に内定をもらえなかったことはあなたの責任ですので、まずその点については素直に謝りましょう。その上での「お願い」という形が望ましいかと思います。

また、留年期間中も養ってもらうこと、1年間家出るのが遅くなることについても申し訳なく思っている姿勢は示すべきです(親は子どもの独立も含めて人生設計していたりしますからね…)。

親の説得は大変かもしれませんが、人生逆転のためなら安いものです、がんばりましょう。

学務課やゼミ担当教授に相談する

大学によっては、就職留年する学生向けに手厚い支援を行なっている場合がありますし、留年や休学の制度について理解を深めるためにも学務課やゼミの教授にも事前に相談しておきましょう。

留年するためには単位を不足させる

大学を卒業せずに留年するためには、卒業に必要な単位を不足させる必要が有ります。

間違って卒業要件を満たしてしまわないよう注意します。

間違って必要な単位をすべて取得してしまうと、ゼミの教授に頼み込んで単位を落としてもらうなど、面倒が増えることになります。そういった部分も含めて、事前にゼミの教授や学務課に相談しておくと良いです。

留年中の過ごし方

留年期間中、というよりは、就留を決めた瞬間からやるべきことは次のとおりです。

自己分析のやり直し

現役時代に志望業界から内定をもらえなかったのなら、そもそも志望業界が間違っている可能性があります。

また、自己分析は志望業界を決めるだけでなく、武器になるアピールポイントを探し、ブラッシュアップする作業でもありますので、継続的に行いましょう管理人は休学中毎日時間をとって行いました)。

ガクチカの作り方はこちら

理論武装(就職留年の理由を準備)

就職留年の理由はしっかり準備したいところです。

正直な理由は「いい会社に内定をもらえなかったから」ですが、自己PRや志望動機と絡めてもっともらしく答えられるように理論武装しておきましょう。

また、「留年期間中に何をやってきたのか」も聞かれる可能性が高いので、それも意識した過ごし方を検討するといいです。管理人はアルバイトに注力しましたので、次で解説します。

アルバイト

就職留年期間中には、アルバイトをすることを強くお勧めします。

一度就活をしてみてお分かりになったと思いますが、就活にはかなりお金がかかります。「交通費がもったい無いからセミナーの参加を見送る」と言ったことが無いようにするため貯金をしておきましょう。これによって繁忙期にはバイトを休むことも可能ですので、就活の成果を最大化できるわけです。

また、無い内定にオススメのリフレッシュ方法で解説したとおり、社会とのつながりが薄くなりやすい就活生にとって、バイトはいいリフレッシュにもなるのです。

さらに、たかがアルバイトでも、真面目に取り組めば自分なりのコツや視点が見えてきます。面接官が欲しがるのはこういうものなんですよ。

面接で「留年中に何やってたの?」と聞かれた時に、これをアピールすれば効果ありですし、内容によってはガクチカとして主力PRポイントにしたって良いです。

以上が就職留年やそのやり方についての解説です。

しっかりした目的とやる気があるなら就留にかける価値は十分にあると思います。選択肢の一つとして検討しみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする