就活生のリクルートスーツの選び方(安く揃える方法)

就活にはお金がかかります。

スーツやシャツ代は固定費に当たりますが、説明会への交通費などの方が優先すべきですので、安く済ませたいところ。

この記事では、貧乏学生だった管理人がリクルートスーツ等を安く揃えた方法をご紹介します。

リクスー(リクルートスーツ)は値段が安いもので十分

スーツに限らず、ネクタイやカバンにも言えますが、安いもので十分です。

参考までに、管理人が使用していた就活グッズの値段を紹介すると次の通りです。

<管理人が使用していたリクスー等の価格>

リクルートスーツ 15,000円×一着

※最終面接前に20,000円のものを追加購入

シャツ 500円×3枚
ネクタイ 500円×1本

1,000円×2本

カバン 2,000円
革靴(かわぐつ) 10,000円
コート 10,000円
腕時計 元々持っていたもの(カジュアル目なものでしたが問題なかったです)

スーツと革靴、コートはスーツセレクトだかスーツファクトリーだかの安価なスーツ店で購入し、シャツ、ネクタイ、カバンはイトーヨーカドー的なスーパーでワゴンに入っていた安物を使用しました。

スーツ店は店頭などに置いているビラを使用すれば安く購入できるので、活用するといいでしょう。

就活をしてみて、また、社会人になってみて実感しますが、値段は特に気にしなくていいでしょう。どうせ就職して給料がもらえるようになれば次々と買い換えていくものですので、就活用と割り切って節約して問題なしです。逆にあまり高価なものを身につけていると、人によっては良い印象を持たない可能性があります。

購入時に際しては、次から紹介する点は注意すべきです。

リクスーと普通のスーツの違い

リクスーと会社員が業務時に使用するスーツには大きな違いはありません。

リクルートスーツ自体に明確な定義はなく、就活用にスーツ会社が用意する無難なスーツの総称だと思っていただければ問題無いでしょう。

したがって、就職後にリクスーを着て仕事をしても問題無いですし、結婚式に参列する際にも着用できたりします。

色は紺系と黒で無地が無難

就活に使用するものは、基本的に目立つ色や形のものは避けるのが鉄則です。真面目で清潔感を演出するためですね。

スーツで言えば、色は濃紺や黒系がいいでしょう。グレーはオフィシャルな場ではNGとされることもありますので注意します。

また、ストライプや最近だとチェックの柄が入ったスーツも出回っていますが、就活用は無地(模様なし)をお勧めします。

店頭でリクルート用のスーツをお願いすれば問題ないとは思いますが。

体型にあったものを

意外と盲点なのが、体型にあったものを選ぶということ。特に、ダボダボだったり丈(たけ)が合っていないと最悪ですので、スーツとシャツは採寸してもらい、体型にあったものを揃えましょう

ちなみに、個人的には、きりっとした印象を与えるので細身のリクスーもありだと思います。

できれば2着以上あると良い

管理人は、お恥ずかしながら貯金があまりなかったため、リクルートスーツはほぼ1着で就活を乗り切りました(第一志望の実質的な最終面接の前に、少しでも好印象を与えるために新調しましたが…)。

就活をする時期にもよりますが、夏場でなければ一着でも乗り切れると思います

数週間に一度、週末にクリーニングに出し、ファブリーズをフル活用すれば問題ありませんでした(笑)

ただ、金銭的に余裕があれば二着以上あると安心です。ファストファッションブランド?(スーツファクカンパニー、パーフェクトスーツファクトリー、オリヒカなどの若者向け低価格ブランド)なら、30,000円あれば二着用意できるでしょう。

スーツ以外の購入のポイント

カッターシャツ

シャツはスーツ店で普通に買うと一枚当たり平気で2〜3,000円しますが、セールを狙ったりスーパーで安売りされているものを探せば1,000円以下で購入可能です(管理人はセールで500円のシャツを使っていました笑)。

あるいは、もし予算が許せば形状記憶のものを購入するといいでしょう。アイロンをかけなくてもくしゃっとしないため、忙しい就活生にはもってこいです。

形状記憶でないシャツの場合はアイロンの際に「キーピング」を使用することを強く推奨します。いわゆる洗濯のりのようなもので、吹きかけてからアイロンを掛けるとシワが伸びやすく、その後も維持されやすいです。

また、襟の形が特殊なものや、襟の先をボタンで留めることで襟が自立するボタンダウンなどがありますが、これについても就活生はオーソドックスなものもを選びましょう。

ネクタイ

ネクタイは奇抜なものを避ければ何でもいいです。派手な模様・色やオシャレすぎるもの、ナロータイ(幅が細いもの)はやめておいたほうがいいでしょう。

定番は青系や赤系を基調としたストライプ柄でしょうか。

安いネクタイは、素材が安っぽいというかゴワゴワしたものが基本になります。就活生なのでそれでも特に問題はないのですが、サラリーマンが多いターミナル駅などにある露店?で、低価格でシルク100%のネクタイを購入することができます。

東京でいえば新橋駅なんかにある、小汚いおじさん(失礼)がやっている出店で、なんとなく怪しいのですが、素人目にはそれなりの質のネクタイが安価で購入できます。

また、今探してみたんですが、アマゾンでもそれなりの品質のものが安価で購入できそうです。

↓シルキーなネクタイ

※他にもたくさんあったので、ご自身の気にいるものを探してみてください。

カバン

カバンも派手でない無難なものを選びましょう。

管理人はOKストアで売っていた2,000円のものを使用していましたが、全く問題なかったです。

注意すべき点は、床に置いたときにカバン自体と持ち手が自立するかどうかです。

この点がクリアできたカバンなら、面接などでバタバタしてボロを出すことなく、スマートに退室できるでしょう。

以上がリクスーなどの就活用品を安く揃える方法です。

必需品以外は次の記事でご紹介していますので、よかったらご覧くださいね!

就活生におすすめしたい便利グッズをご紹介します。必需品じゃないので買う必要はありません。したがってこの記事を読む必要もありません。むしろ読まないでくださ(以下略

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする