絶対に不利なノンバイサーが自己PRやガクチカを作る方法

ノンバイサーをご存知ですか?

この記事では、絶対に就活で不利なノンバイサーが、自己PRやガクチカを作る方法を解説します。

ノンバイサーの意味

ノンバイサーとは、学生時代に、部活動はおろか、バイトやサークルすら行わなかった学生のことを指します。ノン(Non)+バイ(バイト)+サー(サークル)ということです。

ただし、実際には、単にアルバイトとサークルをやってこなかった学生という意味ではなく、「アルバイトやサークルすら行ってこなかった学生」という否定的な意味で使用されます

バイトもサークルもしていなくても海外留学していたり企業していたり、アピールしやすいガクチカがある場合は含まれないということですね。

※この記事でもその意味で解説しています。バイトやサークル以外に目ぼしいガクチカがある方には、この記事はあまり旨みがないかもしれません。

ノンバイサーは間違いなく不利

ネットの記事なんかを見ていると、「ノンバイサーでも自分次第!」「ノンバイサーでも不利にならない」というノンバイサーに同情的な見解を多数見かけます。

はっきり言いますが、これを鵜呑みにしていたら落ちます、余裕で無い内定です。ノンバイサーは間違いなく不利なのです。

「バイトやサークルをしていないからと言って採用されないわけじゃない」

「面接官はバイトやサークルの自己PRに飽き飽きしている」

どちらもその通りですが、不利にならない理由になっていません。

そもそも、就活生の自己PRにバイトやサークルが多いのは、それだけ就活生が自己PRのネタに困っている証拠であり、あっても厳しいバイサー体験すらなければ、ライバルよりも不利なのは自明(じめい)です。

ノンバイサーがまずすべきなのは、この厳しい現状をしっかり受け止めること。どんなに不利でも正面から認識すれば、対策のしようがあるのです。

ノンバイサーが自己PR・ガクチカを作る方法

ノンバイサーが就活において不利だという現実を認識できたら、自己PR・ガクチカを用意しましょう。

選考までに残された期間にもよりますが、すでに不利な状況ですので簡単ではないありません、覚悟して取り組みましょう。

バイトやサークル以外のガクチカを探す

まずは、アルバイトやサークル以外のネタが本当にないのか、もう一度自己分析してみましょう

  • なぜアルバイトやサークルをしてこなかったのか?
  • 他の学生がアルバイトやサークルをしている間に何をしていたのか?
  • 学業の成績はどうか?
  • 辛かったこと(努力を要したこと)はあるか?

など自問自答し、学生時代を振り返りましょう。

高尚な体験でなくても企業に響くことはよくありますので、頭の中でフィルターをかけずにまず書き出してみるのをおすすめしておきます。

ガクチカについては以下の記事で解説していますのでよかったら。

ガクチカを聞かれて本当に力を入れた事を答えようとしていませんか?大事なのは企業が欲しがる人物像にマッチした体験などを答える事です。ガクチカの作り方を公開しますのでぜひ取り入れてみてくださいね。

ガクチカを今から作る

十分な時間をかけて自己分析をしても、バイトやサークル以外に本当に何も思い当たらなかった場合はこれからガクチカを作る必要が有ります。

最も簡単で効果的なのはアルバイト

管理人の経験上、もっとも敷居が低く、効果があるのはアルバイトです。

誰でも始められますし、給料ももらえて一石二鳥はおいしすぎます。

ただし、言われるがまま、マニュアル通りに働いてもろくなガクチカにならないので注意が必要です。「大変だったけどアルバイトに取り組みました」くらいしか言えないからです。

効果的なガクチカは、一言で言うと「目標達成に向けた過程」について言及しているものです。企業は、与えられた目標を達成するために、主体的に考え、行動できる学生が欲しいわけですから、それを提供してやれば良いわけです。

そういう意味では、アルバイトはありきたりではありますが、より企業に響くガクチカを作るのに適しているのです。

おすすめのバイト先は?

バイト先はどこでもいいですが、強いて言うなら次の条件が良いです。

  • バイトの年齢が低い(社会人フリーターではなく学生が多い)
  • 社員に対してバイトの人数が多い(バイトの裁量が大きい)
  • バイトが携われる業務の幅が広い

なぜなら、主体的に行動でき、しかも効果が出やすいからです。居酒屋やカラオケ店といったサービス業がこれに当てはまります。一人〜二人でレジに立ち、発注作業をするコンビニ店員よりも大人数で働く居酒屋などの方が、他者との調整力をアピールしやすいのです。

ノンバイサーのまま就活の本番に突っ込むのは危険すぎますので、本当にガクチカがない方はおすすめです。

すでに選考が始まっている場合は?

ガクチカが本当に何もなく、おまけにすでに選考が始まっている、あるいはめぼしい企業の内定が出揃ってしまっている場合は、決断が必要です。

  1. ガクチカが手薄な状態で就活を続ける
  2. 今からガクチカを作って就活を続ける
  3. 戦略的に就職留年して来年までにガクチカを作る

もしやる気があって、無い内定の原因が「良いガクチカがないこと」だと考えられる場合は、3番をおすすめします。

就留については以下の記事で解説していますので、興味があればご一読ください。

管理人は自分が経験したこともあって就職留年をオススメします(真面目にやるのが前提ですが!)。この記事では就留のやり方やメリデメ等について詳しく解説してみました。

以上がノンバイサーが自己PR・ガクチカを用意する方法です。

ノンバイサーだからと言って諦める必要は全くありませんが、決して楽観視してはダメです。

現状を正しく認識して、対策していきましょう、応援しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする