ガクチカがない?面接受けするガクチカの作り方3ステップ

就活ではもはや常識のガクチカをご存知ですか?

「ガクチカなんてなにもないよ!」と誰もが一度は頭を悩ませるはずです。

この記事では、面接官が嬉しくなって思わず内々定を出しちゃうようなガクチカの作り方をご紹介します。

ガクチカとは

ガクチカとは、「学生時代に力を入れたこと」の略語です。

※学生時代は最終学歴を指すと思っていいでしょう(大学新卒採用なら、中学高校時代ではなく、大学時代と読む)。

限られた時間で学生のことを知る必要がある面接官は、ストレートにガクチカを聞いてきます。

ガクチカは自己PRと同じと捉えて大丈夫です(厳密には≒ですが)。

企業がガクチカを知りたがる理由

企業が馬鹿の一つ覚えのようにガクチカを聞いてくるのは、「その学生について知りたいから」だと言われます。これは半分間違いです。

ガクチカが重要視される理由は、「その学生が採用基準を満たしているかを見たいから」です。もっと具体的に言うと「うちの社員とうまくやっていけそうか」、「配属するセクションで成果を出してくれそうか」ということを見極めたいからなのです。

一見同じに思えますが、後者の視点があれば内定に大きく近づく事ができます。

企業側がガクチカを聞くことは、学生に「御社の採用基準を満たしています」とアピールする機会を提供してくれているに等しいのです。

面接官が喜ぶガクチカの作り方

面接官が喜ぶ具体的なガクチカの作成手順をご紹介します。

①志望企業が欲しがる学生像を知る

まずは志望企業がどんな人材を欲しがっているのか調査しましょう。

説明会やHPなどで企業の方から教えてくれる事もありますが、座談会などで社員に質問したり、多くの社員に会って共通項を掴むことも重要です。

実際に採用された人材=企業が採用したい人物像と言えるからですね。

また、職種によって求められる能力が異なります。志望職種に求められる素養を調べてみましょう。

企業研究をするにあたっては以下の記事も参考にしてくださいね。

企業研究のやり方を解説!絶対に調べる3つのポイント

②関連付けられるエピソード等を探す

企業の欲しがる人物像を把握したら、次はあなたの過去の体験の中から、それに関連付けられるエピソードを探しましょう。

本当に力を入れて取り組んだかはあまり関係ありません。

大事なのは、自分の体験、経験の中から、企業が欲しがる性質を見つけ出す事です。

具体的なスキルより素養・素質がおすすめ

ところで、専門職志望や中途採用でもない限り、スキルのみで勝負する事は難しいです。

理由は二つあります。

理由1:新卒採用では素養・素質を見られる

新卒採用は即戦力ではなく時間とお金をかけて育てる要員であるため、性格や姿勢を含めた素養を使うのが良いです。

学生「TOEIC800点を採りました!」

新卒採用面接官「それで?(え?もしかしてそれだけで採用してもらえると思ってるの?)」

となるわけです。

新卒採用では、即戦力として優れているかよりも、自社の環境できちんと成長して役立ってくれる人物かどうかを重要視されるのです。真面目で素直か、人当たりは良いかなど、素養や素質が重要視されることを覚えておきましょう。

理由2:定量的なスキルは他の学生と比較されやすい

点数や資格など、定量的な(数値化できる)スキルは比較しやすいため、多くのライバルを生みます。ライバルが増えると当然勝つことは難しくなります。

ただでさえ優先度が高くない分野で競り勝ったところで、それだけでは採用されないなんて不毛ですよね…。

もし資格などのスキルをPRしたい場合でも、定性的な(数値化できない)素養・素質も含めて、総合的にPRすべきなのです。

ガクチカは趣味やアルバイトでもOK?

ガクチカは趣味やバイト、ゼミなどありきたりでも問題ありません。

ただ、具体的である必要があります

企業は「学生時代何に力を入れたか」と聞いておきながら、「どう力を入れたのか」「どんな力の入れ方をしたのか」に対する回答を欲しがっています。ですので「バイトを頑張りました」「ゼミに力を入れました」だけではダメなのです。

例えば、

「ギャンブルが好きで、学生時代はひたすらパチンコに打ち込んでいました」には企業が欲しがる要素が全くありませんよね?

一方で、「パチンコで月間50万円を勝つため、①全メーカーの台を調査・研究(各種書籍の研究、店舗にいる客100人への聞き取り調査、統計学を使った分析)し、②最も勝率の高い台を確実に確保するために毎日始発で店舗に並び、結果目標を上回る55万円を勝つ事ができました」ではどうでしょう?ギャンブルに偏見のない企業なら、チャンスがあると思います。テーマ選びよりも内容・具体性が重要という事です。

※現実には快楽目的でギャンブルをする人が多いでしょうから、結果的にゼミや部活・サークル、その他努力を要するものがPRしやすいですが。

③②をガクチカとしてアピールする

ガクチカができたら、ESや面接でアピールしましょう。

ストレートにガクチカを聞かれたらしめたものですし、そうでなくても、ガクチカを絡めて答えられそうな質問ならシレっとPRしましょう。

学生のありきたりなガクチカを山のように聞かされて飽き飽きしている面接官は、採用基準を的確に狙ったあなたのガクチカに喜ぶでしょう。

あるいは、うまく説明できれば内容が稚拙でも買ってもらえることがあります。つまり、企業が欲しがる学生像を調査し、それを的確に押さえたガクチカをPRするプレゼン力、就活力を評価してもらえるということです。

以上が面接官受けするガクチカの作り方です。

ガクチカをきちんと話せる学生は多くないですので、独自のガクチカを作る事ができれば内定を採りやすいです。ぜひチャレンジしてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする