OB訪問だけじゃ無い!沢山社員と会って内定する方法

「OB訪問は必須じゃないし、面倒だからやらなくてもいっか〜」なんて思っていませんか?

その考え方を変えるだけで内定を取りやすくなりますよ。

沢山の社員と会った事実は、実はとっても良いアピールになるのです。

社員と交流するメリット

志望企業の社員と会う事は、学生にとっても企業にとっても良い事尽くめです。

学生のメリット

まず採用試験を受ける学生のメリットは、その企業の実態が分かる事です。

実際に働いている社員と交流すれば、募集要項やホームページ、2チャンネル、みん就(みんなの就職活動日記という就活クチコミサイト)で知れる情報なんてゴミに思えるほど価値ある情報を手に入れる事ができます

あなたが本当に欲しい情報(もちろん給料や休暇のことだってOK)は社員を捕まえて真実の情報を入手しましょう。

企業のメリット

学生と社員の交流は、企業にとってもメリットがあります。

それは本当に入社したい、入社してもすぐ辞めたりしないモチベーションの高い志望者を選別できることです。

実は、採用活動を行う企業がセミナーなどで発信できる情報には限りがあります。例えば、残業代が一部しか支給されない(残念ながらこういった企業はたくさんあります)のに、企業としてそれを公言できない場合、一社員の立場で実状を志望者に伝えてもらう事で入社後のギャップをなくす事ができ、半端なモチベーションの志望者をハジく事ができるのです(だから説明会やセミナーを開きます)。

社員と会う方法

就活生が社員と会う方法はいくつもあります。

各種セミナー・説明会

大抵の企業は採用活動の一環として、セミナーや説明会を開催しています。

採用担当者以外にも、若手社員と座談会をさせてくれる事も多いです。

内定を欲しい企業の説明会は全て参加して1人でも多くの社員と会って質問をぶつけるべきです。親身になってくれる社員がいれば、就職活動自体のアドバイスをくれる事だってあります。

→特に就活の序盤で開催される学内説明会は必ず参加しましょう。

OB・OG訪問

採用実績がある学校なら、就職課がOB・OG(オールドボーイ・オールドガール=その学校の卒業者)のリストを持っています。

もし志望企業にOBやOGがいたら超ラッキーです、他の学生に差をつけるチャンスですので積極的にアポイントを取りましょう。

リクルーター面接

ある程度大きい企業なら、採用面接の前にリクルーターと呼ばれる若手社員による面接・面談が行われます。基本的には経団連の面接解禁日(一般社団法人日本経済団体連合会採用選考に関する指針参照)より前に非公式で行われるため、正式な選考ではありませんが、その評価は採用担当に連携されることが多いようです。

ただ社員とお茶して終わりではなく、用意した質問事項をしっかりぶつけて熱意をアピールしましょう。

採用面接

採用担当者や人事部門の社員との面接も、社員と会う機会の一つです。

多くの場合、面接の最後に「何か質問はありますか?」と聞かれるので、必ず質問しましょう。ここで質問しないのは愚かです。

質問項目はなるべく具体的で、あなたの志望動機に関係のある、重要なものが良いです。忘れずに用意しておきましょう。

その他

場合によっては説明会に出られないなど、社員にほとんど会えない事もあるでしょう。

そんなときは採用担当に連絡し、社員を紹介してもらいましょう。「社員を紹介してほしいと自分から連絡してくる学生」なんてそう多くないでしょうから、断られたとしてもあなたの熱意を伝えられて一石二鳥なのです

他にも、終業後や昼休みに事務所に張り込んで、社員を捕まえるという方法もあります。

ただし、社会人にアポなしで突撃するのは非常識と思われる可能性もあるので注意が必要です。突撃したその日に時間をもらうのではなく、相手の都合を聞いて会ってくれないかお願いしてみましょう。(応じてくれるかどうかは人によりますが、管理人なら余程忙しくなければ協力します)

もし応じてくれた社員がいたなら、面接の際などに採用担当にお礼とともにその事を伝えてあげましょう。

社員と交流する際に気をつける事

社員と会ってやるべき事は、情報収集(リクルーター面談、面接は特に)熱意のアピールですが、注意してほしい事がいくつかあります。

質問を事前に用意する

社員に会えば必ず情報を得る事を心がけてください。

そのためには、前日までに気になる事をリストアップしておくと良いでしょう

管理人はすぐ確認できるように、メモ用のノートに書き出していました。

→座談会やOB訪問は当然、面接でも良い逆質問をできれば内定に大きく近づきます。

メモを取るのは社員の発言だけではダメ

誰でもメモは取ると思いますが、メモすべきは質問に対する回答だけではありません。

その社員の名前はもちろん所属する部署や仕事内容、あなたが良いと思った所(独自の視点)など事細かにメモに残しておきましょう。このメモが後にお宝になります。

→こちらの記事で、メモにおすすめのルーズリーフを紹介しています。

恋に落ちない

就活中の学生(特に女子大生)には、志望企業の社員に恋をしてしまうケースが散見されます。

もっとも、次のような理由があるので自然な事かもしれません。

  • 女性は歳上が好きな傾向がある
  • 自分にとって理想の企業で働いているため羨望の眼差しで見てしまう
  • 社員は学生に優しくて親身になってくれる(しかも学生は就活で心は荒んでいる)
  • 採用担当者はコミュ力があり、見た目もイケている事が多い

ですが、残念ながら、就活中に社員と恋愛をしても良い事はありません

メンタルにムラができて就活の効率が下がりますし、まともな社員なら学生に手を出したりしません。「就活中に恋はしないぞ!」と心に決めておいてください。

それでも諦めることができない場合は、その社員がいる会社に入社して堂々と恋愛をするか、せめて就活を終えたあとにしましょう。

最低限の礼儀はわきまえる

まれに、社員に対して平気で非礼を働く学生もいます。

社員の発言を否定したり、揚げ足を取ったり、他の学生を差し置いて社員を詰問するなどがそうです。

就活に対する高いモチベーションの裏返しだとは思いますが、社員にも答えられない事もあるのになーと思います。また、協調性のなさは良い印象を与えません

なお、社員の呼び方ですが、次のように敬称を使い分けると良いでしょう。

  • フランクな座談会⇒◯◯さん
  • 選考(ESや面接)⇒◯◯

面接やエントリーシートでアピールしよう

たくさんの社員と会ったら、その事を面接やエントリーシートでそれとなくアピールしましょう。会ったことそれ自体をPRするのではなく、自己PRを強化する材料にするのです。

例えば、「御社の社風に共感しました」と言うときに、「セミナーなどで◯◯人の社員の方とお会いしましたが、〜〜〜(あなた独自の視点)」とか「セミナーでお会いした◯◯様から伺ったのですが〜〜(あなた独自の視点)」という前置きができれば、説得力500倍です

他にも、面接時などに、あなたが興味のある業務に就いている先輩社員に聞いた”足で稼いだ情報”を活用した質問をできれば、面接官は「こいつやるな」となる訳です。

基本は「多くの社員と会った」「企業研究できている」ことによる、やる気・志望度の高さ、積極性のアピールが良いと思いますが、アイディア次第で活用方法に余地があるでしょう。

面倒くさがらずに沢山の社員と会えば、内定しやすくなりますよ!頑張ってくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする