学内企業説明会に絶対参加すべき6つの理由とは

管理人は学内企業説明会を上手く使い、第一志望の企業から内定を勝ち取りました。

参加する意味があるとかないとか賛否両論ありますが、自分の経験から学内企業説明会は絶対に参加すべきだと思います。

この記事では、学内説明会を活用して内定に近づく方法を解説します。

学内企業説明会とは

 

学内企業説明会とは、大学が用意した会場にたくさんの企業がブースを出展し、その企業や事業内容について説明を行うという説明会の事です。幕張メッセや東京ビッグサイトで実施される合同説明会は全ての大学の学生を対象にしていますが、学内説明会は個別の大学の学生を対象にしています。

学内説明会は、比較的就職活動の比較的早い段階で行われるのですが、この学内説明会を皮切りにスーツを買って髪を切り、就活モードに入る意識の高い学生と、気付いたら学内説明会が終わっていたという意識の低い学生の間で差が生まれます

参加すると選考が有利になる?

参加した方が間違いなく選考は有利になります。

もちろん、セミナーに一つ参加しただけで内定がとれるほど就活は甘くなく、後述する方法で上手くPRすれば得点アップできるという意味です

別の言い方をすれば、学内説明会には、0点の学生を100点にする効果はありませんが、60点の学生を65点にする位の影響力はあります。こういった数点を積み重ねた学生が最後に内定をもらえるのです。

また、企業によっては、学内説明会に出席した学生にリクルーターをつけるなど特別扱いするケースもあるようですね。

絶対に学内説明会に参加すべき6つの理由

学内企業説明会はメリットしかないある意味ボーナスステージですので絶対に参加すべきです。アルバイトや授業、恋人とのデートの予定くらいなら余裕で学内説明会を優先してください。

学内セミナーに参加すべき理由は6つあります。

①企業は採用したい大学に出典する

企業は採用したい大学にしか出展しません。例えば東洋大学の学内企業説明会に出展する数々の企業は、東洋大学の学生を採用する事に積極的なのです。

不確実な要素が多い就活において、この事は非常に大きな意味を持ちます。

それなりのコストをかけてまで、わざわざ大学に足を運んでいる事実はその裏付けとなるでしょう。

②学歴フィルターが発動しない

学内説明会に出展している企業は、その大学の学生に対して学歴フィルターを発動しません。

どうせ学歴フィルターで足切りするのなら、わざわざ学内説明会など出展する意味がないのです。

③その大学の学生のことを評価している

ただ単に採用する可能性がある大学の中でも、特に来てほしい大学の説明会に出展します。

つまり、自分の大学に来ている企業は、単に学歴フィルターを発動しないだけでなく、その上で自分たちの事を評価しているということです。

具体的には、

  • 能力が優秀(OB・OGがその企業で上手くやっている)
  • その大学の学生は就職した後すぐに辞めたりしない
  • 内定を出しても蹴らない

等があります。

どんなに優秀でも内定を蹴るような大学を採用担当は嫌います。逆学歴フィルターなるものが存在するのも同じ理由でしょう。

※逆学歴フィルター:その企業に不釣り合いなほど偏差値の高い大学の学生は、もっと良い別の企業に内定が出やすいためあえて採用しないという手法。

④熱意アピールにつながる

すでに書いたとおり、学内セミナーは比較的早い時期に開催されます。

「早い時期から就職活動を開始」していて、しかも「早い段階で自分の会社に目をつけてくれている」という事実は、志望度の高さや熱意のアピールにつながります

採用試験が進んで、面接などで「御社が第一志望です!」と言ったときの説得力がまるで違うのです。任意参加のセミナーに一度も参加しなかったクセにそんな事を言われても、面接官は信じられないのです。

また、通常の合同説明会等に比べて学生の数が少ないので、採用担当や一緒に来ている社員を捕まえて話を聞きやすいです。熱心に話を聞けば印書に残ること間違いなしなのです。

⑤参加にコストが掛からない

学内説明会は通常校内の施設で行われますので、定期券の範囲内で出席できてしまいます。

なんなら授業の合間なんかに気楽に参加する事もできてしまうのです。

幕張メッセや東京ビッグサイトなどで開催される合説は、交通費や移動時間がバカにならないですし、人混みがすごくて、すぐに帰りたくなります(笑)学内説明会がいかにコスパが良いかお分かりでしょう。

ちなみに学内説明会への参加はもちろん無料です。

⑥採用見込みのある企業を沢山発掘できる

興味のある業界や企業が出展しなくても学内セミナーは絶対に参加すべきです。

なぜなら、学内説明会は「採用される確率が高い球数」を増やすまたとないチャンスだからです。

世の中には、知名度はないけど優良な企業なんてザラにありますし、そう言う企業こそ学内セミナーに積極的です。

就職活動が本格化する頃、「採用されやすい優良企業の持ち玉を10社持っている」ことは非常に大きいと思いませんか?

以上が、学内企業説明会に絶対に参加すべきな理由です。

就職活動には、「やってもやらなくてもどっちでもいい」ということが結構あります。OB訪問、インターン、そしてこの学内企業説明会なんかがそうです。

面倒だし疲れるのでつい避けがちですが、その中でも学内説明会は抜群にコスパが良いので、ぜひ上手く活用して内定を量産してくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする